福原 遥 

1998年生まれ、埼玉県出身。

CX系「グッドモーニング・コール」、ABC・EX系「声ガール!」などに出演。ABC・EX系「キラキラ☆プリキュアアラモード」では声優としても活躍し、「女々演」では映画初主演を果たす。

現在はNTV系ドラマ「3年A組―今から皆さんは、人質です―」、CX系「もしもツアーズ」にレギュラー出演中

早乙女星ちゃんと似ているなというところだったり、逆にここは似ていないなというところは?

似ているなと思ったのは、占いをすごく見るというところ。私もテレビで占いを見ては、『あっ今日いい日だ』とかやってるので、そこは似てるなって。後、私も星ちゃんも乙女座なので運命を感じています。

似ていないと思ったというか、星ちゃんの、とても素直に自分の思いを理解できていてそれをきちんと相手に伝えられるというところは、すごく魅力的で私も見習いたいと思いました。

大人になると、思っていることが言えなくなったりするじゃないですか?

だから、星ちゃんのそういうところは素敵だなと思います。」

星ちゃんから見たときの天川咲さんはどう見えてるのですか?

もう大人の女性です。大人で何もかも自分と違うんだろうなと感じました。本当に美少女だし、頭もいいし、なんでもできる人なんだろうなって。憧れというよりは自分とは違う!というように見てました。

改めて、今公開になってみての心境は?

ちょっとドキドキします。どうやって受け取ってもらえるんだろうという気持ちと、いよいよ公開だなあというすごく楽しみな気持ちです」

学生時代の楽しい思い出とかはありますか?

「みんなでディズニー行ったりとか、フードコートで友達と会話したりとか、駄菓子屋さんに行ったりとか楽しい思い出がいっぱいあります」

卒業の時の思い出はありますか?

「中学校はすごい思い出に残っています。みんなでどういう卒業式にするかというのを考えて、最後にみんなで保護者に向けて歌を歌うサプライズをしてみんな号泣みたいな(笑)

それは練習をして?

「そうです。一生懸命練習して、みんなで頑張ってましたね」

ー映画の中の早乙女星ちゃんは高校で終わりますけど、卒業したらどんな人生を送ってると思いますか?

もう幸せな未来しかないと思います(笑)だって泰陽と付き合って、深月という友達もいて、本当にみんなから大切にされているなって。

しかも素直でまっすぐな女の子なので、多分何があってもブレない子なんだろうなって、、、素敵だろうなあ、幸せそうだなって思います。」

ー素直でまっすぐな早乙女星を演じる為に考えたことは?

「ちゃんと相手の言葉を受け取って自分に落とし込んで考えたり、いろんなことを真剣に考えるブレない女の子にしたいなというのは常に考えていました。

ー記憶に残っているシーンはありますか?

「最初に三人で会うシーン。天文部へようこそという屋上のシーンがあるんですけど、そこは、これから始まっていくんだなってウキウキした気持ちだったので印象に残っていますね。」

ー同年代の人たちがたくさん見ると思います。

「そうですね。やっぱり恋愛って素敵なんだなっていうのは一番に感じていただきたいですね。この星ちゃんの心の揺れ方も、この年ならではの繊細な揺れだなと思ったので、そういう部分で共感していただけたらいいなというのもありますし、やっぱり思いを伝えることの大切さを感じていただいて、まだ伝えられてない人の背中を後押しできる作品になれたら良いなと思います。」

 

ーこんなところを見て欲しいというメッセージをお願いします。

「この作品は、恋する事の素晴らしさだったり、自分が思っている事をちゃんと大切な人に伝える大事さというのを私自身も感じました。それを皆さんに届けたいなという思いがあるので、是非この作品を観て自分の大切な人に、悔いのないように思いを伝えたり行動したりしていただけたら嬉しいなと思います。

後は長野県千曲市の景色が本当に綺麗で、原作とも近いので、そういうところも見て欲しいですね。綺麗な星も大きなスクリーンで見てもらいたなと思います」

4月の君、スピカ。

Video

Twitter

4月の君、スピカ。

Video